古民家改修 報告08-電気屋さんとの打合せ

2021年10月14日 カテゴリー:リフォーム

こんにちは。現場監督見習いの えりです。   古民家改修。今日は電気図面を見ながら電気屋さんと打合せ。   「ここのコンセントは4口に増やしてください」「インターホン室内子機を廊下に移してください」と、お客さまの要望を伝えました。   そして、1階和室のエアコン位置について相談しました。   和室は周り三方を廊

古民家改修 報告07-エアコン位置の検討

2021年10月13日 カテゴリー:リフォーム,未分類

こんにちは。現場監督見習いの えりです。   エアコンの位置を決めるのは、意外とむずかしいものです。   「この部屋にもあったらいいな」というところまではいいのですが、それだけでは済まない話なのです。   というのも、エアコンには室外機が必要だからです。(これは改修前の写真)   室外機をどこに置くか。

古民家改修 報告06-耐震壁

2021年10月12日 カテゴリー:未分類

こんにちは。現場監督見習いの えりです。   古民家改修と聞いて、どんな改修を想像されるでしょう。   「昔の風情を残しつつ、現代でも住みやすく。」   という点は、古民家改修の共通項であると思います。   そして、もう一つ大事なこと。   それは、耐震補強をすることです。 &nbs

ペレット掃除

2021年10月11日 カテゴリー:リフォーム

こんにちは。現場監督見習いの えりです。   ペレットストーブ掃除に行きました。一年に一度、ご依頼いただいています。   帰社が遅くなり、「ブログ3行書いて帰るべし」との社長命令なので帰ります。   これからしばらくペレット掃除が続きますので、まとめてご報告いたします。    

古民家改修 報告05-お客さまとの打合せ

2021年10月9日 カテゴリー:リフォーム

こんにちは。現場監督見習いの えりです。   古民家改修。   今日は、お客さまとの打合せです。   ご家族で現場に来ていただきました。   この梁(はり)は壁で見えなくなります、この梁は見えます、といった説明を部長がしています。   また、解体工事が終わり、見えなかったものが見え

モデルハウス報告26‐屋根葺き2

2021年10月8日 カテゴリー:未分類

こんにちは。現場監督見習いの えりです。   屋根については、ガルバリウム鋼板を張るところまでご報告していました。     屋根のてっぺん(=棟)の部分は、このように一部が開いていました。   これは、棟換気(むねかんき)のために、あえて作った穴です。   小屋裏(=屋根裏)の空

モデルハウス報告26‐キッチンカウンター墨付け

2021年10月7日 カテゴリー:新築工事

こんにちは。現場監督見習いの えりです。   新築モデルハウスのキッチンは、タカラさんのトレーシアというシリーズになりました。   いわゆるシステムキッチン。   システムキッチンとは、シンクや調理器や作業台が一体となって造られているものです。   備え付けが完了したら、写真とともにご紹介したいと思います。

モデルハウス報告25‐屋根葺き

2021年10月6日 カテゴリー:新築工事

こんにちは。現場監督見習いの えりです。     屋根葺き工事が始まっています。   上棟のとき、このようにアスファルトルーフィング(=防水のための下地シート)が張られました。   ここからは板金屋さんのお仕事です。   まず、もう一重、アスファルトルーフィングが張られます。   屋

モデルハウス報告24‐ヒノキ単板張り

2021年10月5日 カテゴリー:新築工事

こんにちは。現場監督見習いの えりです。   柱を役割で分けると二種類あります。   一つは、構造材としての働きだけで、仕上げたときには壁に隠れて見えなくなる柱。   もう一つは、仕上げたときに目に触れる、いわゆる化粧柱(けしょうばしら)。構造材としての機能を持つものも、持たないものもあります。   化粧柱には

木材の発注

2021年10月4日 カテゴリー:未分類

こんにちは。現場監督見習いの えりです。   今日は、木材の発注の仕方を教わりました。   図面を見て、必要な部材を勘定して、材木屋さんに伝えます。   例えば、床のフローリングを、家全体で途切れることなく敷くことは珍しいと思います。壁や階段などで途切れるものです。   そうした際、フローリング