自然素材のご紹介

出処のわかる自然素材、産地のわかる国産木材を使います

自然素材は人の体にいいものですが、それが自然を壊すことがないように。たとえば、そのフローリングがどこの山で育ち、誰がどのように伐って、誰が挽いてくれた木なのかを知ることは、木を扱う者の責任です。素材のひとつひとつの産地やつくり手を辿ることで、より愛着を持つことができるのです。私たちは、すべての素材ので何処をご説明します。

  • 断熱材

    セルロースファイバー

    • 滋賀県で先駆け施工した実績があります。おもに滋賀で流通する新聞古紙を原料としてセルロースファイバーを採用し断熱材も地産地消が可能となりました。
      ※グラスウールも可能(断熱材マイスター登録済)
  • 内装材

    珪藻土/紙クロス

    • 珪藻土塗り壁は配合比率などの基準が曖昧ですが、私達の使う珪藻土は産地や成分など、出処がわかる本物の商品だけを使用しています。また紙で出来たクロスとしてオガファーザーや土佐和紙を使用します。
  • 外壁材

    しっくい/木製パネル

    • しっくいは不燃で吸放湿性能が優れ、強いアルカリ性なのでカビも最近も発生しにくい素材です。日本の伝統的な左官工法による安全で健康的な素材です。またアクセントして国産木製パネルを採用。
  • 建具材

    天竜/九州杉檜建具(素材:杉、桧)

    • 国産の杉・桧で作る内装ドアデザインも様々選ぶことが可能です。
  • 屋根

    • 粘土瓦は約1400年の歴史を持ちます。形も豊富でいろいろなデザインや色を選ぶことが出来ます。屋根は住まいでも一番過酷な環境にありますが、瓦を耐久性も高くメンテナンス費用も抑えることが可能。
  • 防虫処理

    ホウ酸 エコボロンPRO

    • 長期優良住宅・劣化等級3対応可。木材保存協会認定薬剤敏感な方には薬剤なしの施工も可能です。詳しくはご相談ください。
  • 構造材

    杉、桧、松(国産材)

    • 木材の特徴や品質を見極め、部材ごとに「適材適所」に選び抜いた国産木材を使用します。
      ●柱:杉・桧 ●土台:桧 ●梁:松・杉・桧など
  • フローリング

    杉、桧、松(国産材)

    • 肌触りの良い無垢フローリングや、部屋に合わせて樹種を使い分けます。やわらかく温かみのある杉、硬く明るい色の絵、光沢があり高級感ある松など。
  • 塗料

    蜜蝋ワックス/柿渋/キヌカ

    • 直接肌に触れたり・室内環境に影響を及ぼす部位(フローリングなど)の塗料には、国産蜜蝋と荏胡麻油のみで作った「蜜蝋ワックス」や、昔から和紙や桶などの耐水・防虫・防腐に利用されてきた「柿渋」、米ぬかを主原料にし溶剤は一切使用していない「キヌカ」を使用しています。
  • 陶器

    信楽焼

    • 私達の住む滋賀県が誇る日本六古窯の一つ、信楽焼をお住まいのワンポイントに使用してみませんか?
      1300年の伝統・日本最古と言われている信楽焼。洗面や手洗いに採用することで、伝統+遊び心の素敵な空間な出来上がります。
  • 地盤

    天然砕石パイル工法

    • 地盤補強に使うセメント系柱状杭や鋼管杭は、地中埋設物となり将来の土地価格に影響し、またセメント系には六価クロム(Cr6+)が発生し、地下水など自然環境にも悪影響を及びす恐れも。天然砕石パイルなら、環境に無害で液状化にも強い。天然砕石なので地下埋蔵物には当てはまりませんので安心です。
  • 下地材

    合板(国産材使用)

    • 耐震性を高める下地合板には、国産材を使用したものを採用します。オール桧、杉やカラマツのハイブリッドなど。