リフォームへのこだわり

  • 木造住宅
  • 木造住宅であればどのようなデザイン、リフォームも。
    伝統の技術と知識、経験豊富な職人がいるからこそ。

当社は、木造住宅であればどのようなデザイン、どのようなお家でもリフォームが可能です。そう言い切れる理由は、伝統工法の技術を持ち、建築に関する知識と経験が豊富な職人さんを育てているからこそ。リフォームは、新築以上に技術や経験が必要とされる分野です。

どんなことをコンセプトとしてデザインをしてくれるのか

人の動きは一人ひとり異なるものです。ヒアリングからイメージを膨らませる部分もありますが、お客様にも普段無意識にしている動作を1個ずつ思い出していただきます。

例えば…

  • 車から降りて玄関に来ました。あなたは両手に荷物を持っています。→荷物はどこに置きますか?
  • 鍵を出してドアを開けました。→電気のスイッチは、どこにあれば便利ですか?
  • 寝室は2階です。→最後に消す1階の電気はどこですか?

人の動きは一人ひとり異なるものです。ヒアリングからイメージを膨らませる部分もありますが、お客様にも普段無意識にしている動作を1個ずつ思い出していただきます。

デザインと予算を適正にするために工夫していること

  • 木造住宅
  • 輸入住宅や2×4など様々な家づくりをしてたどり着いたのは、建築の将来を守りたい想い。

お客様が希望されるデザインと予算がどうしても合わない場合、2つの方法があります。まずは可能な範囲でお客様自身に家造りをお願いするということ。いわゆるDIYの作業が出来る方、好きな方にはその提案を行い、予算内に収める方法があります。

もうひとつは、全体の構想プランを立てた上で「今すぐやるべきこと」と「5年後、10年後に行うこと」を分けてお伝えする方法です。家族の形、暮らしの形は常に変化するものです。お客様は「家を建てる=完成」のイメージでお話をされることが多いですが、暮らしはそれからが始まりです。

例えば小さなお子様がいらっしゃる場合、2階は壁を極力減らし広々と使う方法もあります。簡単な間仕切りであれば、カーテンでも良いでしょう。これでドア代を節約することができます。そして、10年後お子様のプライベート空間が必要になったときに扉をはめるというやり方もあります。

リノベーションの流れ

プラン図面の提案段階で、デザインの構成を一緒にお見せしています。
間取りや窓の位置など、構造的な部分の修正は契約の段階まで。

当社ではプラン図面の提案段階で、デザインの構成を一緒にお見せしています。間取りや窓の位置など、構造的な部分の修正は契約の段階まで。また契約後、工事の進行段階によっては、スイッチの位置や壁紙の変更等、内装に関する修正が可能です。
実際見たらイメージが違うといった部分も、可能な限り現場対応していますのでご安心ください。