お問い合わせ

住まい計画サロン

モデルハウス報告27‐キッチンカウンター加工

モデルハウス報告27‐キッチンカウンター加工

Pocket

こんにちは。現場監督見習いの えりです。

 

無垢材(むくざい)を加工して作る、新築モデルハウスのキッチンカウンター。

 

前回ご報告した、墨出し(=正確な位置に印をつけること)の続きです。

 

墨に沿って、卓上丸鋸(まるのこ)でカット。



    

 

プレーナーという機械で表面を平らにします。



 

 

柱や梁などの構造材(=建物の構造となる部材)なら、これで完了。最後には隠れる部分だからです。

 

 

しかし、キッチンカウンターは住む人が触れるところ。電動サンダーで、ツルツルに仕上げます。



 

 

角の部分も、面取り(めんとり)をして、ソフトな仕上がりに。



 

最後に、木口(こぐち=木の断面の年輪が見えるところ)にボンドを塗って、乾燥から守ります。

 

 

キッチンカウンターの用途はさまざま。

 

お料理を載せたり、バーカウンターのようにお酒を楽しんだり。はたまた、お子さんの勉強机にもなりえます。

 

使用される場面を想像して加工するのは、楽しいものでした。