モデルハウス報告26‐屋根葺き2

2021年10月8日 カテゴリー:未分類

こんにちは。現場監督見習いの えりです。   屋根については、ガルバリウム鋼板を張るところまでご報告していました。     屋根のてっぺん(=棟)の部分は、このように一部が開いていました。   これは、棟換気(むねかんき)のために、あえて作った穴です。   小屋裏(=屋根裏)の空

モデルハウス報告26‐キッチンカウンター墨付け

2021年10月7日 カテゴリー:新築工事

こんにちは。現場監督見習いの えりです。   新築モデルハウスのキッチンは、タカラさんのトレーシアというシリーズになりました。   いわゆるシステムキッチン。   システムキッチンとは、シンクや調理器や作業台が一体となって造られているものです。   備え付けが完了したら、写真とともにご紹介したいと思います。

モデルハウス報告25‐屋根葺き

2021年10月6日 カテゴリー:新築工事

こんにちは。現場監督見習いの えりです。     屋根葺き工事が始まっています。   上棟のとき、このようにアスファルトルーフィング(=防水のための下地シート)が張られました。   ここからは板金屋さんのお仕事です。   まず、もう一重、アスファルトルーフィングが張られます。   屋

モデルハウス報告24‐ヒノキ単板張り

2021年10月5日 カテゴリー:新築工事

こんにちは。現場監督見習いの えりです。   柱を役割で分けると二種類あります。   一つは、構造材としての働きだけで、仕上げたときには壁に隠れて見えなくなる柱。   もう一つは、仕上げたときに目に触れる、いわゆる化粧柱(けしょうばしら)。構造材としての機能を持つものも、持たないものもあります。   化粧柱には

木材の発注

2021年10月4日 カテゴリー:未分類

こんにちは。現場監督見習いの えりです。   今日は、木材の発注の仕方を教わりました。   図面を見て、必要な部材を勘定して、材木屋さんに伝えます。   例えば、床のフローリングを、家全体で途切れることなく敷くことは珍しいと思います。壁や階段などで途切れるものです。   そうした際、フローリング

モデルハウス報告23‐気密測定~結果編~

2021年10月2日 カテゴリー:新築工事

こんにちは。現場監督見習いの えりです。   先日の気密測定。   結果は、   C値=0.41~0.28 でした。   1を切っているので、良い数値といえます。   なぜ上記のような開きがあるのかというと、   条件を変えて測定したためです。  

モデルハウス報告22‐ユニットバス

2021年9月30日 カテゴリー:新築工事

こんにちは。現場監督見習いの えりです。   新築モデルハウスに、ユニットバスが入りました。   ユニットバス(=システムバス)とは、天井、壁、床、浴槽が一体となって造られているお風呂のことです。   床もセットなので、他の部屋にある床板も、お風呂には入っていませんでした。   なので、この状態からスタートです

現場の整備

2021年9月29日 カテゴリー:新築工事

こんにちは。現場監督見習いの えりです。   今日は、現場の整備をしました。     まず、現場の入り口の地盤養生です。   現場には、私たちを含め、工事関連の人がたくさん やってきます。   出入口は一つなので、みんな同じところを踏む。すると、地盤がダメージを受けてしまいます。 &nbs

モデルハウス報告21‐気密測定~準備編~

2021年9月28日 カテゴリー:新築工事

こんにちは。現場監督見習いの えりです。   今日は、新築モデルハウスの気密測定をしました。     気密測定とは、   気密がとれているか(=空気が密閉されているか)を測ることです。   気密についての詳細は9/15記事をご覧いただければと思いますが、気密がとれているほど(=家の隙間が少ないほ

モデルハウス報告20‐省エネ・創エネ

2021年9月27日 カテゴリー:新築工事

こんにちは。現場監督見習いの えりです。   繰り返しになりますが、新築モデルハウスは高気密・高断熱住宅。   冷暖房による電力消費が最小に抑えられ、省エネが実現します。   先日の小屋裏断熱は、こんなふうに仕上がっていました。   実はこの写真、電気屋さんの作業中。   太陽光発