木材の発注

2021年10月4日 カテゴリー:未分類
Pocket

こんにちは。現場監督見習いの えりです。

 

今日は、木材の発注の仕方を教わりました。



 

図面を見て、必要な部材を勘定して、材木屋さんに伝えます。



 

例えば、床のフローリングを、家全体で途切れることなく敷くことは珍しいと思います。壁や階段などで途切れるものです。

 

そうした際、フローリングと壁の境目には、床見切(ゆかみきり)という部材を入れます。

 

この部材のサイズを、図面から読み取って、「〇mm×△mm×◇mの部材を☆本ください」と発注します。

 

部長は、さっさっと勘定していきますが、私はしょっぱなから図面の読み取りに苦戦しました。

 

 

図面は大きく分けて二種類あります。

 

真上から見た図。



真横から見た図。



 

この2つの図を見て、3次元に起こすことが、図面読み取りの第一歩。



 

図面を読み取る力、図面とにらめっこをする時間、ともに不足していると感じました。

 

日々、精進です。