木の家は何年もつの???

Pocket

数年前

滋賀県が主催してた 木のフォーラムに出席していたとき

会場の方から 質問が来ました。

その内容は、「木の家って何年持つのですか?」という事でした。

その時の私たちの答えは

「木の家は100年でも 200年でも 持ちます」  でした。

ただし

「愛着を持って大切に 【住みこなす】 ことが条件です」 と付け加えたのです。

【住みこなす】

そのためには「維持管理する費用」が必要になってきます。

生涯に稼げるお金は限りがあります。

人それぞれね。

そして 住まいにかけられる費用も限りがあります。

その 限りある「お金」の中で、死ぬまで住まいを維持していかなければなりません。

今 計画しているお住まいの大きさはいかがですか?

その広さの家を維持管理(将来かかるであろう、塗装代金や屋根の修理代金などなど) 想定して住まいの大きさも考えていますか?

10年後  20年後 何人の方がその住まいに住んでいますか?

空き室になりませんか?

せっかく建てる住まいですから、終の棲家にしたいですよね?

維持管理できなくて、(住まいのメンテナンスが費用が掛かりすぎて出来ず)

空き室が沢山あると(子どもが出ていった2階の子供室など)

不動産経営 例えば・・

そう

大家さんという視点で 見てみると

薄汚れた 空き室だらけの賃貸アパートを維持してるようなもの。

経営者 失格になります。

そんなことにならないように 一緒に考えていきましょう。

img150512 築40年経った、ハウスメーカーさんの木造住宅
外壁だけ直し 次世代の子育て家族に引き継がれました。