注文住宅で予算オーバー 

2019年11月21日 カテゴリー:ブログ,新築工事,未分類

【89秒で読める住まいお役立ち情報】 住まい計画で図面ができた! しかし予算が500万円もオーバー!!どうしたらいいの? 注文住宅のアルアル事情。 そこで今回は予算オーバーを防ぐポイントを経験から。 ◆予算オーバーの原因は? ●プラン設計の時、希望をザックリ伝えた。 ●住まいの大きさ・限度を決めてなかった。 ●予算配分を決めてない。 などなど いろいろとあります。

YKKさんのリノベーションフォーラムに行ってきました

こんにちは! ベストハウスネクストの北ちゃんです。   ずいぶんと寒くなってきましたね。 紅葉もあちこちで見られるようになってきましたが 京都で開催されたYKKさんのフォーラムに参加しました。   場所は平安神宮に併設されている平安会館。 折り上げ格天井の立派な伝統建築の大広間です。 贅沢な空間から広がる、窓の景色がこれまた

断熱の基準を聞いてみよう!注文住宅を建てる前に

2019年11月20日 カテゴリー:ブログ,新築工事,薪ストーバー 吉本

【90秒で読める住まいお役立ち情報】 こうしたらよかった! 新築に住んでから不満の一番は「寒さ」「暑さ」このこと。 どうしても新築時にはキッチンやお風呂など目に入るものが気になりますよね。 しかし目には見えない「断熱」が住んでからの一番不満になるところなのです。 ◆断熱の基準とは? ●断熱等性能等級 ●ZEH基準 ●HEAT20 などがあります。 しかし????です

僕の住まいづくり失敗談

 カテゴリー:自己紹介

自己紹介方々 僕の住まい計画失敗談を掲載します。 かなり長文なのですが きっと参考になりますのでどうぞ笑ってやってくださいまし・・・・・     1993年 平成5年に夢のマイホームを建売で購入。当時組んだローンは3500万円。年収は500万円でした。 金利は3.14%で30年返済。「ゆとりローン」という名ばかりの設定で当初5年は利息のみの支払いに。(

栗東 自然素材の平屋 新築見学会 オープンハウス 開催します! 11月17日(日)

2019年11月5日 カテゴリー:新築,新築工事,施工事例

<<栗東市 小さな平屋 予約制>> 「二人暮らし 小さな平屋 シラス洞窟の家」 新築住宅の完成見学会 オープンハウスを開催します。 2019年11月17日(日)10:00~15:00 栗東市笠川 小さな平屋のお住まいなので完全予約制とさせていただきます。 お手数ですが、①お名前、②人数(大人、子供)、③ご連絡先 お知らせのうえご予約ください。 ~7つのみどころ

滋賀県 モデルハウス 自然素材 注文住宅の見学会

2019年11月2日 カテゴリー:新築,施工事例

栗東市で自然素材の注文住宅 平屋の小さな家が間もなく完成します!   17日(日)にはモデルハウス的 見学会を開催。   高千穂 シラス壁 そとん壁を外壁に。   内部にもシラス壁を施工。   漆喰や珪藻土との違いを体感してみてみくださいね。  

グラスウールはイイ断熱材です

2019年10月12日 カテゴリー:セルロース,新築工事,薪ストーバー 吉本

私たちの住まいづくりで大切にしたいことの一つが断熱材。 今回もセルロースファイバーとグラスウールの違いについてご質問をいただきました。   結果から言いますと、、、、、、   セルロースファイバーもグラスウール どちらもイイ断熱材であります。   はい   ちょっと前まで。。。グラスウールは悪者?で

滋賀県 タカラスタンダード ショールームでのお得な情報です!

2019年7月2日 カテゴリー:ブログ

住まいの水廻りが気になるこの季節・・・ 令和元年 7月20日(土)に 住宅機器でおなじみのタカラスタンダードさんのショールームで 「夏の大感謝祭」がおこなわれます。     日頃のお手入れや、家事ラクポイント満載の キッチンやお風呂、洗面を実際に見て、さわって・・・ ご参考にされてみてはいかがでしょう!  

滋賀県栗東市 平屋 注文住宅 平屋の木の家を建てます

2019年6月6日 カテゴリー:ブログ,新築工事

新築時にお祀りする「御幣」に一筆 工務店や大工さんにとって そして 一番はお施主さまにとって おめでたい上棟(建前) 工務店さんや大量生産型のハウスメーカーさん 地方等よっても様々ですが私たちは上棟に御幣(ごへい)をお祀りします。 ↑↑ 御幣というのはこんなので ↑↑ 施主、施工者、建築日等を書き、工事の安全と家内の繁栄を祈願いたします。 一般に京都・滋賀の御

今年は「新月伐採」を行います。 

2019年5月29日 カテゴリー:ブログ,新築工事

皆さんは「新月伐採」というのはご存知? 自然界は「太陽」と「月」の影響を受けているわけですが「木」も例外でない。 そこで、昔の人は11月からの「新月」の時期に合わせて木を伐採していた。  「木」が眠っているその時期に伐採すると長持ちする・・ということらしい。 そこで今年の11月 森林組合さんと協力し、湖南市の桧を新月伐採し、自然乾燥の後に新築に使おうという事業を行います。