モデルハウス報告03‐根切り・地業

2021年8月4日 カテゴリー:新築工事
Pocket

こんにちは。現場監督見習いの えりです。

 

今日は、基礎工事の根切り・地業(じぎょう)という工程でした。先日ご紹介した「杭工事」で打った杭の上に施します。

 

建物の基礎は、地盤の下につくります。

 

そのため、地面を掘って(=根切り)、基礎を据えるためのしっかりとした台のようなものをつくる(=地業)必要があります。

 



 

写真の薄い灰色の部分は、建物の外周部分です。

 

地面が掘られ、砕石が敷かれ、転圧も済んでいる状態です。

 

砕石、防湿シート、捨てコンクリート…と順々に敷かれていくのですが、何をどこまでの深さに敷くのかが決まっていて、職人さんは手作りの定規で確認されていました。図面に従ってはじめに定規を作っておくと重宝するそうです。

 

掘られ、敷かれ、固められ、という様子を見ていると、「何事も基礎が大事」と言われる意味を、まざまざと感じるのでした。