小さなSUMAI

2015年8月1日 カテゴリー:ブログ,施工事例
Pocket

私は住んだことが有りませんが、よくテレビなどで見ることがある ワンルームマンションのお部屋。

k-e001

 

「あったら便利な客間」

「死蔵といわれるクローゼット」

「ほんとうはいらない書斎」

喰う寝る空間として もう住宅にならないというところまで排除して行った空間が「ワンルームマンション」

 

もしかしたら「住まいの原型」なのかもしれませんね。

 

私達が考える住まいも 部屋はできるだけワンルームにしたがるほうで(笑)

 

そして 出来るだけ小さく設計したいと思っています。

 

ワンルームへの布石として 出入口は『引き戸』にして必要のない時は壁に押しやります。

 

「ドア」扉はなんとなく、遮断する 閉鎖する みたいなイメージで防犯的な役割が強いのではないかなっと思うのであります。

 

金庫なんかは「ドア」ですもんね。

 

一方 引き戸は 〚オープン〛 どうぞおこしやす みたいな家の空間がひとつになるイメージがしませんか?

 

もちろん、、空気の流れ 風通し 音や人の気配なんかもゆるやかに伝わります。

 

皆さんも 引き戸にしてくださいというリクエストが多いのは 大きく開放された住まい感が気持ちいいのではないでしょうか?

 

最近は新築時には引き戸を付けず 必要になった時点で後付する事例が多くなってきました。

 

引き戸とドア

 

あなたはどちらがお好み?

 

さあ 今夜は地元で花火大会。

早めに帰宅して夏を感じてこよう。