お問い合わせ

住まい計画サロン

SDGs 脱炭素 SDGsも脱炭素も違和感が実はあります。

SDGs 脱炭素 SDGsも脱炭素も違和感が実はあります。

2022年11月16日

薪ストーバー 吉本

今回は取り留めない

雑談ですのでご了承を。

 

あえて言いますとー

ツイッター等で発信すると

ちと コワイので(苦笑)

 

こちらに コソっと書いてみます。

 

 

表題の通り。。。

日本においての

脱炭素とか

SDGsとか

 

結構 違和感を持ってたりします。

 

今日もこんな案内が届きました。

 


 

 

 

CO2ネットゼロへの取組みについての

フォーラムです。

 

お気づきかもしれませんが

違和感の部分は・・・・

 

「脱炭素経営  CO2ネットゼロへの取組で

業績UPと新たなビジネスを生み出す~」

 

モヤモヤ感を語源化するのが

難しいですが なんか

違うような気がするんですね。

 

なんでしょうか・・

 

アインシュタインさんの

言葉で例えると。。。

「ある問題を引き起こしたのと同じマインドセット(型にはまったものの見方・考え方)のままで、その問題を解決することはできない」。

 

気候変動については

IPCCの報告の通り

“人間の影響が20世紀半ば以降に
観測された温暖化の支配的な(dominant)
要因であった可能性が極めて高い”
(IPCC AR5 WGⅠ SPM p.17, 14-15行目)

とうことですが

CO2意外にも気候変動に関係ある

他の要因もあるわけで。

 

それと「人類の影響」ですので

経済では世界第3位の我が日本ですけど

CO2の排出は世界第5位

 

全体の割合でいうと

 

Co2
 

3.2%です。

 

結構頑張っていると思いませんか?

日本。

 

基本 いままでよりも

Co2排出に配慮した経営をしようと

しますと 必ず(きっぱり)コスト

アップします。

 

国内よりもアメリカ 中国 インド等に

頑張ってもらわないと、、、

 

まったく解決するようには

感じないのは私だけ??

 

と言いつつ

フォーラムに顔出してみよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket