お問い合わせ

住まい計画サロン

びわ湖材を建築に ー何に貢献?―

びわ湖材を建築に ー何に貢献?―

2022年10月1日

建築日誌

こんにちは。現場監督見習いの えりです。

 

 

9/4の記事で触れた、びわ湖材。

 

合法的に伐採されていることと、滋賀県産材であることが証明された木材のことです。

 

滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト|高島市の丸太
 

 

 

びわ湖材を積極的に活用していくために行われた「滋賀県木造建築セミナー」。

 

ここで学んだことを、少しご紹介します。

 

 

滋賀県の人がびわ湖材を使うと、どんないいことがあるのでしょう。

滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト|滋賀の森
 

まず、地域経済が活性化します。

 

滋賀の森で育った木を、滋賀で伐採し、丸太をつくり、柱などの木材にする。

 

すると、そこに雇用が生まれ、経済活性化につながるということです。

 

 

 

もうひとつ、CO₂などの温室効果ガスを削減できます。

 

木造建築は、他の鉄筋コンクリート造や鉄骨造に比べて、温室効果ガスの排出量が少ない。

滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト|木造建築
 

 

それに加えて、木材の炭素固定によって大気中のCO₂を減らすことができます。

 

樹木は光合成によりCO₂をC(炭素)として樹木のなかに固定しますが、

 

樹木の状態から伐採・加工されて木材になっても、炭素は固定されたまま。

 

つまり、建物の一部になった状態で、炭素を固定し続けてくれるのです。

 

 

ただ、このメリットを享受するには条件があります。

 

それは、「森を再生させること」と「建物を長く大切に使うこと」です。

 

樹木の状態から木材として建物の一部になるのは、炭素の場所が移動しただけ。

 

森林が再生するのには、50年かかります。

滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト|滋賀県の森
 

ということは、森にしっかり手を入れて再生させるとともに、

 

建物を50年以上、長く大切に使うことが求められる、というお話でした。

 

 

 

家づくりをしている私たちにできることは、

 

きちんとした施工をすること(普通にきちんと施工すれば、家は100年持ちます)、

 

長く大切に使っていただける、すてきな家を建てること。

 

魅力あるリフォーム、リノベーションを提案・実行すること。

 

 

 

さまざまな立場の人が、「世の中に貢献しよう」と日々奮闘しています。

 

私たちは、家づくりで貢献したいなと、改めて感じる講習会でした。

 

 

Pocket