お問い合わせ

住まい計画サロン

滋賀県 エアコン 寝室のエアコン 寝苦しい夜を快適に過ごす

滋賀県 エアコン 寝室のエアコン 寝苦しい夜を快適に過ごす

少し涼しくなって来た滋賀県です。

 

しかし週間のお天気をみると

30度くらいまで上がっている

夜もあったりします。

 

こんな時はエアコン。

冷房を付けながら寝る場合もあります

しかし

エアコンつけると体が不調になる

方も多いです。

 

 

体調不良の原因の一つは

 

冷たい風が直接当たる=体が冷える。

 

直接の風は 体の廻りを覆っている体温の

膜をそぎ取ります。

 

その時 皮膚の表面の水分を気化させて

しまう。

 

夜 寝ている時は。。。。

 

布団に掛かっているところは体の熱と汗

で熱帯雨林状態。

 

布団以外のところは冷たい風で大げさ

に言うと極寒。

 

同じ体で体感温度が真逆になってしまいます。

 

自立神経は体温調整するけど

汗を出すのか?

毛細血管を閉じるのか?

 

どちらがいいのか分からない状態に。

 

この状態を

 

「自立神経失調症」

 

病名でいいますとコワいな(苦笑)

 

そして 眠りながら無意識に体を暖かい

ところ 冷えているところを入替えよう

と寝返りの頻度が増え 熟睡できない。

 

そして なんだか朝起きてもダルイ

という感じになるわけです。

 

そして解決する方法としては。。。。

 

熱帯夜を快適に寝る為に、、、

 

家の断熱性能を上げ 微風でも冷房が

効く室内環境をつくる。

 

これは少しお金が必要ですが、一度断熱改修

しますとずっと効果が続きます。

 

または

 

草津市にあるカイロプラクティックさん曰く

 

寝る前の水分補給。

冷房温度を24度にして布団をしっかり被り寝る。

直接風が当たらないように。

 

という方法を推奨されていました。

 

 

逆転の発想ですね。

頭寒足熱をエアコンで作る。

少し涼しいくらいの温度に設定し

エアコンが付いたり消えたりせず

一定の風量で運転。

 

布団をガバっと跳ねのけいない

ようにするという感じです。

 

少し お盆を過ぎて涼しくなってきましたがご参考に。

 

エアコンの増設工事で

お伺いしてきたお住まいです。

 

エアコン工事

Pocket