お問い合わせ

住まい計画サロン

襖紙を洋風に塗装

襖紙を洋風に塗装

2022年6月28日

建築日誌

こんにちは。現場監督見習いの えりです。

 

 

戸襖(とぶすま)とは、板戸に襖紙を張りつけたものです。

 

洋室と和室の仕切りに使うとき、たいてい洋室側は板のまま、和室側には襖紙を張ります。



 

 

襖紙の絵柄はとても魅力的ですが、

 

和室を洋室として使いたくなったとき、

 

絵柄の存在が大きく、気になってくるかと思います。

 

 

そんなとき、

 

戸襖は、通常の襖よりもカッチリした造りなので、

 

襖紙を塗装するという手があります。

 

 

今回使ったのが、ビルテックという塗料。

滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト|ビルテック
 

 

 

木目を生かすオイルステインなどとは異なり、

 

ペタッと上から着色するタイプの塗料なので、

 

もとの絵柄がまったく見えなくなります。

 

アク止めの作用もあります。

 

 

塗装屋さんが、お客様好みの濃い茶色をつくり、

滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト|調色
 

塗っていきます。

滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト|塗装
滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト|塗装
 

 

乾くと、このように。

滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト|完成
 

すっかり洋風の仕上がりです。

 

Pocket