お問い合わせ

住まい計画サロン

栗東市 和室を洋室にリフォーム 報告03-壁下地

栗東市 和室を洋室にリフォーム 報告03-壁下地

2022年4月13日

建築日誌

こんにちは。現場監督見習いの えりです。

 

栗東市の、和室から洋室へのリフォーム。

 

 

胴縁(どうぶち)という壁の下地が入りました。水色で示した、横向きの下地です。

滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト|壁下地
 

その下の、黄色の矢印にもご注目ください。縦向きの下地です。

 

 

これをなぜ入れるか、ご説明します。

 

 

和室は、柱が見える納まり。真壁(しんかべ)といいます。

滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト|和室
 

 

洋室では、壁材が柱にかぶさるので、柱が見えません。大壁(おおかべ)といいます。

滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト|洋室
 

 

和室を洋室に変えるとき、柱と柱の間に縦向きに下地を足します。

滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト|和室
これによって胴縁(横向きの下地)が安定し、そのあとに入るボードも安定するということです。

 

 

壁の下地ひとつに関しても、工夫があっておもしろいです。

滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト|壁下地
 

Pocket