お問い合わせ

住まい計画サロン

守山市 古民家改修 報告38-納屋 防水

守山市 古民家改修 報告38-納屋 防水

2022年3月23日

建築日誌

こんにちは。現場監督見習いの えりです。

 

 

守山市の古民家改修。

 

今日は納屋の、外側の施工についての報告です。

 

透湿防水シートと水切りが入りました。

滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト|防水
 

 

透湿防水シートは、名前の通り、雨水が入るのを防ぎ、湿気は通すというもの。

 

壁の中に湿気がたまらないので、壁の中で結露やカビが発生するのを防げます。

 

 

下段、中段、上段の順に、重ねながら張っていくのがポイントです。

滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト|透湿防水シートの張り方
矢印は雨水の動き。上段のシートが一番上にかぶさるので、雨水がシートの中に入りません。

 

 

水切りは、土台を水から守るためのものです。

滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト|水切り
水切りの上から透湿防水シートをかぶせているので、ここからも雨水は入りません。(シートをめくって撮影しました)

 

 

雨水の逃げ道をしっかりと確保すること。

 

建物の耐久性を上げるうえで重要です。

 

Pocket