お問い合わせ

住まい計画サロン

守山市 古民家改修 報告37-納屋 骨組みまで

守山市 古民家改修 報告37-納屋 骨組みまで

2022年3月22日

建築日誌

Pocket

こんにちは。現場監督見習いの えりです。

 

 

守山市の古民家改修。

 

納屋改修の進行について、3/17の記事に続いて2度目のご報告です。

 

 

まず土台が据えられました。

滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト|土台
土台(木の部分)の下に見えている黒いものは、基礎パッキン。基礎と土台の間にすきまをつくることで、床下の換気が可能になります。

 

 

柱などの骨組みができ、胴縁(どうぶち)と呼ばれる壁の下地も入りました。

滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト|骨組み
斜めに入っているのは、筋交(すじかい)という部材で、風や地震などに対抗するものです。

 

 

しっかりとした骨組みを見ると安心しますね。

 

このあと、床や壁が出来ていきます。順次ご報告いたします。