蛇口の水の出がわるいとき

2021年11月25日 カテゴリー: -現場監督見習いの えり,リフォーム
Pocket

こんにちは。現場監督見習いの えりです。

 

水道の給水管には、頑丈な鉄管が使われることが多かったのですが、

 

錆(さ)びやすいというデメリットもあります。

 

このように、錆びによって管の中がふさがれてしまうと、蛇口を全開にしてもチョロチョロとしか水が出ません。



 

 

最近ではポリエチレン管やHIVP管といったものが用いられますが、

 

リフォームでよくお見受けするのは鉄管です。

 

 

水の出がわるいとき、疑わしいのは、

 

①鉄管が錆びでふさがっている

 

②蛇口の先のアミ部分に水垢がついている

 

③止水栓(写真黄色マル部分)の開きが足りない



 

といったところです。

 

 

②の場合は、取扱説明書を見てアミ部分の掃除をしてください。

③の場合は、止水栓を開いてください。

 

 

②③に該当しない場合は、ご相談いただければと思います。