モデルハウス報告13‐高性能のための施工

2021年9月13日 カテゴリー:新築工事
Pocket

こんにちは。現場監督見習いの えりです。

 

今回建てているモデルハウスは、規格型住宅です。

 

規格型住宅とは、建物の仕様、建材の仕入れ、工法などが決まっている住宅のこと。

 

規格型住宅にもいろいろありますが、この家は「高性能な住宅を、手の届くお値段で」という思いで設計されたものです。

 

さて、この「高性能」を実現するための施工があります。その一例をご紹介します。

 

通気を確保するボード張り。



 

屋根の棟部分から換気をするための、野地板の穴あけ。

 

 

 

気密確保のためのテープ貼り、フォーム吹き付け。



 

 

高性能住宅が実現するのは、

 

研究者のかた、設計者のかた、建築資材メーカーさん、職人さんのおかげです。

 

モデルハウス完成時にはぜひお越しいただき、「高性能」を肌で感じていただきたいです。(今年12月完成予定)