モデルハウス報告12‐上棟

2021年9月11日 カテゴリー:新築工事
Pocket

こんにちは。現場監督見習いの えりです。

 

昨日、新築モデルハウスの上棟がおこなわれました。

 

7:30に集合。部長の挨拶で始まりました。

 

大工さん11人で作業開始。



 

 

1階

まず柱が立ち、

 

 

梁が入り、


 

仮筋交い(かりすじかい)が入りました。


 

筋交いとは、柱と柱の間に斜めに渡す、地震や風などの外力に対抗する構造材です。柱が倒れないように、この時点では仮筋交いを入れておき、のちに本筋交い(ほんすじかい)を入れます。

 

※なお、この家では剛壁(ごうかべ)と呼ばれる、外力の影響を受けにくい壁を使うので、本筋交いは入れません。

 

壁材を入れて、1階はここまでです。


 

2階

1階と同様です。柱、梁、仮筋交い、壁が入ります。



 

小屋裏(=屋根裏)

こちらも同様に進められました。この家では、空調室の役割も担う部屋です。



 

屋根

垂木(たるき)が入り、



 

野地板(のじいた)が入り、



 

下葺き材(したぶきざい)が入って、作業完了です。



 

上棟式

今回は、モデルハウスなので、施主は当社の社長です。

 

大工さんと当社社員が全員名前を記して、



 

みんなでお祈り、乾杯しました。(いただいたお神酒は、ほんの数滴です。)



 

 

感動多き一日。

 

一番の感動は、大工さんのお仕事を間近に見られたことかもしれません。

 

お仕事に対する真剣さ・誠実さも、



 

熟練の技も、



 

この家にしっかりと刻まれました。