古民家改修 報告03-解体2

2021年9月3日 カテゴリー:リフォーム
Pocket

こんにちは。現場監督見習いの えりです。

 

古民家改修。

 

解体屋さんの丁寧なお仕事で、電灯や建具が保管庫に整然と並んでいます。



 

さて、洗面所やトイレなどの水回りの壁には、こんな器具がついています。



 

これが、工事中は邪魔になってしまいます。破損する危険もあります。

 

だから器具を取り外すのですが、このままではゴミが入ってしまいます。



 

 

そんなときに役立つのが、キスプラグと呼ばれる器具です。(写真、袋のままですみません。)

 

 

取り付け後は、こんな感じになります。(写真、ぼやけていてすみません。)

 

 

キスプラグを取り付けるとき、まずは止水栓を閉めることが大切です。そうしないと、取り付け作業中に、給水管から水が飛び出してしまいます。



 

また、キスプラグには様々なサイズがあるので、注意が必要です。

 

解体工事は、リフォームならではの工程。

 

新築工事とはまた違う発見があっておもしろいです。