モデルハウス報告08‐立ち上がりコンクリート

2021年8月24日 カテゴリー:新築工事
Pocket

こんにちは。現場監督見習いの えりです。

 

今日、立ち上がりコンクリートが入りました。

 

昨日の記事で触れた、レベルポインターの写真を2枚載せました。

 

1枚目の写真は、レベルポインターのリボンの部分までコンクリートが入った状態です。(リボンについては昨日のブログをご参照ください。)

   

 

2枚目の写真は、レベルポインターのてっぺんまでレベラーを打ち込んだ状態です。これによって、全箇所のレベル(=高さ)がそろいました。



 

昨日部長から聞いた説明通りに進んでいたのでした。

 

このような「手順の説明」は、事前に聞くことができます。

 

一方で、「工夫の説明」は、現場に行ってこそ聞けることが多いです。

 

例えば、こちらの写真をご覧ください。

 

 

型枠の継ぎ目にレベラーが流れ込まないように、固めに溶いたセメントが塗ってあります。

 

手順も工夫も、現場で見聞きしたことを、可能な限りご紹介してまいります。