天気次第ではあるけれど

2021年8月7日 カテゴリー:リフォーム
Pocket

こんにちは。現場監督見習いの えりです。

 

瓦の葺き替えが始まりました。今日は、瓦降ろしの作業です。

 

瓦降ろしに先立ち、昨日のうちに足場が組まれました。足場屋さんのお仕事です。

 

足場組みに先立ち、勝手口のテラス屋根が取り外されました。(足場を組みたい場所にあったので。)部長がおこないました。

 

また、瓦降ろしがしやすくなるよう、エアコンの室外機も場所を移されました。電気屋さんのお仕事です。

 

このように、ひとつの工事のために、たくさんの段取りが必要となります。そして、職人さんの都合もかかわってきます。

 

さらには、瓦の葺き替えは、天気の影響をもろに受けます。

 

そのため、途中で雨が降っても差し障りがないように、瓦降ろし、土降ろし、野地板貼り、ルーフィング(=防湿シートを貼る)までの作業を、一日で完了させます。

 

職人さんと部長が段取りについて話し合うのを聞いて、思ったことがあります。

 

天気次第ではあるけれど、できる限りのことをする。

 

それが、一日も早くお客様に快適な生活をお届けするために、私たちにできることなのだなあと。