地域のエネルギーは地域のもの 湖南市の自然エネルギー研修を行います

Pocket

湖南市さんにご協力いただき自然エネルギーの研修会を開催します。
どなたでも参加可能!

市民協働発電所に興味がある。
市民協働発電所を考えている。
地域エネルギーの取組みを知りたい。
薪ストーブやペレットストーブに興味ある。
ペレット工場を見ていたい!
などなど

身近にあるエネルギ―を知ってご家庭で使ってみませんか?




環人ネット第二回現場研修会

日時:8月20日(日)14:45~17:00の予定

集合場所:JR 甲西駅

テーマ:地域のエネルギーは地域のもの (湖南市)

内容:自然エネルギーを活用するにあたり、地域で生み出された利益は「地域で循環」させ、地域の支え合いに使うことが大切。
その理念のもと、日本で初めて地域自然エネルギー基本条例を制定した湖南市。
それから5年。湖南市エネルギー政策課の池本氏の案内で「太陽・水・木」で作り出されるエネルギー施設を訪ねます。
お家で実践できる自然エネルギーもありますのでこの機会にぜひ!

14:45分 JR草津線 甲西駅集合

15:00-15:45 湖南市の説明
15:45-15:55 ここぴあ見学
16:05-16:10 コナン市民共同発電所4号機柑子袋まちづくりセンター見学
16:15-17:00 (有)山本材木店さん(湖南地域初のペレット製造工場)


案内人:吉本智(近江環人3期生)

講師:湖南市地域エネルギー室 池本未和氏

参加費:一人1000円(資料代)懇親会代は別途

参加希望の方は、8/16までにお名前・連絡先・懇親会の参加有無を事務局水野(kaorm.nm@gmail.com)
※アカウントご存知の方はFacebook可)までご連絡ください。