断熱材選び

2016年10月29日 カテゴリー: -リノベーション・リフォーム,ブログ

                    リノベーション、リフォーム、改修工事などで 煌びやかに華やかに気分一新すると気持ちいいですよね~ 気密性能や断熱性能が一新するとなお良いよね~ …しかし、これがなかなか難し

高千穂シラスのそとン壁

2016年10月22日 カテゴリー:ブログ

一時期は左官屋さんの仕事が減っているなんて 住宅業界では言われていたんですが・・・ おかげさまでベストハウスでは 古民家の改修や、修繕、リフォーム、新築に至るまで 左官屋さんはフル稼働です!!! 今は、水口の現場で高千穂シラスのそとン壁という外壁作業に励んでもらってます         &n

窓以外の断熱工事って?

窓のほかに、屋根・壁・床下の断熱を行うと、結露防止や省エネに役立ちます。 また、断熱材には防音効果もあるので、外の騒音を和らげることもできます。 ただ、屋根・壁・床下の断熱は、窓と比べると、大がかりな工事が必要です。 それを避けるには、新築時の十分な断熱対策が欠かせません。 といっても、住み続けるうちに、雨漏りや水漏れによって断熱材が濡れ、断熱性能が衰えることもあります。 き

ご近所の挨拶廻りー

施工業者との契約を終えると、ワクワクする一方で、すぐに現実的な問題を考えなければなりません。 ・ご近所への挨拶について ・地鎮祭について の2点です。 そこで、今日はご近所への挨拶についてお話します。 ご近所さんといい関係を築くには、着工前の挨拶をおろそかにしてはいけません。 これから数ヶ月間、沢山の車や業者が出入りするほか、騒音やホコリで、多くの迷惑をかけるのですから。 その回数ですが、

新しい住宅の性能数値と暮らし方

 カテゴリー:ブログ

住宅の性能を示す数値として、「C値」「Q値」というものがありましたが・・・ 今は《UA値》《ηA値》《一次エネルギー消費量》という基準で判断されることになります なんとなく・・・「数値が低い方が良いらしいけど、よく分からない」 たぶん ほとんどの方がそんなかんじではないでしょうか? 「C値」とは、物の気密性をあらわす値です。 延べ床面積あたりの隙間面積のことで、ゼロに近いほど隙間が少ないん

窓の断熱

室内の熱の約半分は窓から逃げます。   ですから、窓の断熱は節電のために大切なことです。 それに、断熱は結露防止にも役立ちますから、カビや家の傷みを減らすことにも役立ちます。           「春 秋は窓周りの居心地がいいにゃ」    

集配BOX in 京都

2016年10月15日 カテゴリー:ブログ

少し肌寒くなり、風邪ひいてませんんか?   以前新築させていただきましたお客様より 「郵便や郵送物の不在届けが多くて…なんとかならへん…?」 と連絡受けて 京都 白梅町で 集配BOX 設置させていただきました             &n

リノベーションin守山

10月に入り少し季節感じますね~ 齋藤は、ただいま守山市でリノベーションの最中・・・ 中古住宅はやはりシロアリ被害と雨漏れが一番気になるところだと思います、 できれば購入時、解体前、解体後に 必ず調査するのですが 残念ながら、いらっしゃいました   蛇行しながらも、一列にならんんで行儀の良い奴らです…白蟻。   &n