滋賀県立大学で学生支援

2015年8月24日 カテゴリー:イベント,ブログ
Pocket

私たちが行ってる学生支援のひとつ

 

滋賀県立大学 地域コミュニケーション論のコーディネート 兼 【地域人】の1人として参加してきました。


 

学生が50名弱 地域人が16名の大所帯。

 

image
 

 

まずは地域人2人に学生5〜6名がひとテーブルに座り自己紹介から。

 

アイスブレークでは、
★日本を愛せるか?
★仕事に夢が持てるのか?
などなど 新聞記事から話し合い。
イキナリ ハードな内容です(笑)

 

image
 

 

その後 さらに少人数になり 地域人である私たちのインタビューが始まり 話しを学生さんたちが レポートします。

image
 

90分近く 色々なお話を展開。

 

学生時代は内気でしゃべれない子だったコト。

 

夢なんか無くって行き当たりバッタリだった20代。

 

天職である家作りにたどり着いたのは30才を過ぎていたコト。

 

でも今は 仕事が趣味と言える様になったコト。

 

今回はコミュニケーション論。

 

経験から 見えるコミュニケーションと 見えないコミュニケーションがある。

 

見えないコミュニケーションをいかに大切にするのか? そんな事も伝えてみたり。

 

女子学生から「夢や やりたい事が分からず焦っていたけど 心が軽くなりました」って 。

 

夢なんてなくても良い。 目の前の1人1人を 楽しませる事を続けて行けば そのうち 夢=役割り は見つかる。

 

そんな事を伝えたとき 笑顔で言ってくれました。

 

少しはお役に立てたのかな。

 

というか 他の地域人の方も話しておられましたが 僕たちが改めて 振り返る事が出来た良いプログラムでした。

 

ホントに。

 

学生さんたちとお友達にもなり 私たちのフィールドで 活動のお手伝いもしてくれるコトになりました。

 

有難や〜

 

このご縁を大切にしていきたいですね。

【木質バイオマスによる地域エネルギー循環】について

学生グループに 話し合ってもらいました。

 

image