お問い合わせ

住まい計画サロン

火災保険の事も

火災保険の事も

img150709
火砕流も火災保険?

 

家を新築する時、初めて火災保険のことを学んだ人は、当然ですが知識が少ないものです。

 

「火災」に、ご近所からのもらい火も含まれること。

 

「騒じょう・集団行動・労働争議」というデモなどによる暴力行為や、破壊行為による損害の項目があること。

 

「盗難」は、盗まれたものだけでなく、その際の建物や家財に生じた損害も含まれること。

 

ご存知でしたか?

 

さらに、損害だけでなく、さまざまな費用も対象になります。

 

・壊れた部分の片付け費用

 

・自宅から出火して、ご近所へ迷惑を欠けた時のお詫びの費用

 

・火事が原因で、やけどなどのケガをした時の費用

 

・災害時の仮住まいや引っ越しなどにかかる費用

 

…などなど。

 

また、火災保険は地震や噴火を原因とする火災などを補償しません。

 

なので、地震保険にも加入する必要があります。

 

日本の場合、地震の心配がない地域はありませんからね。

 

生命保険に多くの種類があるのと同様に、火災保険にもたくさんの種類があります。

 

小さな文字で書かれた約款は、気合を入れないと最後まで読めません。

 

だから、必要に迫られるまで深く考えない(考えたくない)という人は、当然ながら存在します。

 

でもそれは、とてももったいないことなんですよ。

 

火災保険は、「月払い」より「10年一括払い」などの方がお得なのは誰もが分かることです。

 

でも、一括だと保険料は数十万円になります。

 

家づくりの予算配分に大きく影響しますね。

 

また、建物の耐火性能によって、保険料は驚くほど異なります。

 

さらに、必要な補償内容は、住む場所や家庭によっても異なります。

 

高台に新築する人は、高潮や洪水などの心配は少ないでしょう?

 

デモや労働争議の場になりそうにもない住宅街に住むのなら、「騒じょう」に関する補償の必要性は低いでしょう?

 

ハッとした方は ボチボチ 火災保険の勉強も初めていきましょー

 

Pocket