土に還るような建築と設備で

2015年6月25日 カテゴリー:ソーラー発電,ブログ
Pocket

チラッと 載っていた新聞記事

ソーラーパネルが 2040年頃には77万トンほど破棄されて その多くが埋め立てられるだろう

という 環境省の記事です。
img150625
モノはいつかは朽ちてきます。
そのときには 出来るだけ環境負荷の少ないモノで建築したものですね。
20年後くらいには、資源を分別出来て処理できるように 作っているメーカーさんはガンバって欲しいものです。
できたら ソーラーパネル 太陽光発電を設置する時 ユーザーの声として・・・

「破棄するときの環境負荷は?」
「リサイクルは?」
「埋め立てしないでね」

などなど 問い合わせしてみてください。
ユーザーさんの声が一番 メーカーさんも聞いてくれるはず。
イッパイ そんな声が聞こえてくると きっとメーカーさんもガンバっていい商品とうまい処理の方法を、同じ日本に住む仲間として考えてくれるはずですから。