お問い合わせ

住まい計画サロン

弁柄の補修をDIYで

弁柄の補修をDIYで

2023年1月17日

建築日誌

こんにちは。現場監督見習いの えりです。

 

弁柄(べんがら)は、古代より用いられてきた、赤茶色の顔料です。

滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト−弁柄の格子戸
 

柱や鴨居(かもい)、格子戸(こうしど)などに塗布すると、

 

防腐・防虫効果が得られます。

 

そして、空間が高貴な印象に。

 

明るい色ですが、落ち着きも演出できるから不思議です。

 

 

 

ただ、年数を経ると、どうしても色が薄くなってきます。

 

プロの方に塗り直しを依頼してもいいのですが、

 

DIYで何とかしたいという方もいらっしゃるかと思います。

 

粉のタイプは、水の量の調整がむずかしいのですが、

 

液体タイプなら、そのまま使えます。

滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト−バケツに移した状態
 

色のバリエーションも豊富。

 

 

缶からバケツに必要量をとり、

 

刷毛やスポンジ、タオルなどで塗布します。

滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト−タオル
 

 

コツは、「少し付けて、伸ばす」こと。

 

before

滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト−before
 

after

滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト−after
 

 

色の薄れが気になってきたら、

 

何かしら、お手入れされるとよいと思います。

 

 

 

Pocket