お問い合わせ

住まい計画サロン

栗東市 二世帯住宅へ リフォーム報告06-断熱・気密

栗東市 二世帯住宅へ リフォーム報告06-断熱・気密

2022年8月19日

建築日誌

こんにちは。現場監督見習いの えりです。

 

栗東市の、二世帯住宅に変えるリフォーム。

 

 

間取りや仕上げについて主にご紹介してきましたが、

 

当社がリフォームの際に必ずおこなうのが

 

断熱性・気密性を上げる施工です。

 

 

断熱は、熱を断つということ。

 

断熱材を入れて、外気(夏は暑さ、冬は寒さ)の温度の伝わりを遮断します。

滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト|断熱材
 

 

 

気密とは、隙間がなく、空気が通りにくいということ。

 

家の中の空気が外へ流れたり、外気が家の中に流れたりすると、

 

夏の暑さも冬の寒さも、家の内外でつながってしまいます。

 

 

壁と床の間など、気流ができてしまうところにウレタンを吹き付けて、隙間をなくします。

滋賀県栗東市で注文住宅,デザイン住宅の新築一戸建てならベストハウスネクスト|ウレタンフォーム吹き付け
 

 

 

こういった施工は、下地の状態になっているからこそできることです。

 

つまり、リフォームのときが、断熱性・気密性を上げるチャンス。

 

 

リフォームを計画・実行されている方、

 

(当社でなくても)工務店さんに、

 

「断熱性・気密性を上げたい」と言ってみるといいかもしれません。

 

Pocket