お問い合わせ

住まい計画サロン

採寸

採寸

こんにちは。現場監督見習いの えりです。

 

リフォーム、クロス張り替え、水回りの取り替えなどの下見で、

 

まずおこなうのは、採寸です。

 

 

使うのは巻き尺。建築現場ではスケールと呼ぶのが通例です。



 

 

スケールの使い方にも、コツがあります。

 

 

目盛りを読みやすい当て方をする。

 

測る範囲が長いときは、分けて測る。

 

手の届かないほうに端を当てる。

 

 

 

当然といえば当然のことなのに、気づけませんでした。

 

 

また、1ミリ単位まで厳密に測るべきときもあれば、

 

5ミリ単位などで手際よく測るほうが望まれるときもあります。

 

時と場合によって、求められる採寸が違うのですね。

 

Pocket