古民家改修 報告12-瓦の葺き替え

2021年11月12日 カテゴリー: -現場監督見習いの えり,リフォーム
Pocket

こんにちは。現場監督見習いの えりです。

 

古民家改修。

 

屋根の瓦の葺き替えの模様を、少しさかのぼってご紹介します。

 

まず、元の瓦をおろします。

 

 

 

屋根の骨格をなす垂木(たるき)の上に野地板(のじいた)を張り、その上に防水シートを張ります。写真の右半分は野地板が見えています。左半分は防水シートを張り終えています。



 

 

その上に桟木(さんぎ)を掛け、瓦を間配り(まくばり)(=据える大体の位置に配ること)、



 

瓦を桟木に掛けて、釘で固定していきます。

 

 

 

…と、ざっくり説明しましたが、

 

瓦の葺き替えについては、あと二回ほど書きたいと思っています。