古民家改修 報告06-耐震壁

2021年10月12日 カテゴリー:未分類
Pocket

こんにちは。現場監督見習いの えりです。

 

古民家改修と聞いて、どんな改修を想像されるでしょう。

 

「昔の風情を残しつつ、現代でも住みやすく。」

 

という点は、古民家改修の共通項であると思います。

 

そして、もう一つ大事なこと。

 

それは、耐震補強をすることです。

 

建物の耐震基準は、大きな地震をきっかけに見直されてきました。

 

旧耐震基準 1981年5月まで

 

新耐震基準 1981年6月から

 

現在は、新耐震基準に沿って建てられているということです。

 

また、2001年施行の品確法(=住宅の品質確保の促進等に関する法律)では、耐震等級という耐震性能の指標が定められました。

 

 

いうまでもなく、古民家は旧耐震基準で建てられています。

 

今回の改修においても、耐震性を上げることにも重きを置いています。

 

この耐震壁を入れることで、耐震性を上げるのです。



 

設計段階で、むずかしい計算によって耐震壁を入れる位置が決まり、


 

その通りに張られていきます。

 

 

 

風情も便利さも安心も、かなえる古民家改修です。