輸入住宅 2×4の建売新築住宅を購入 注意点は? との質問を頂きました 

2020年10月7日 カテゴリー:新築工事,未分類,薪ストーバー 吉本
Pocket

「輸入住宅 2×4の建売新築住宅を購入しようと思います。どう思われますか?」

 

そんなご質問を頂きました。

今は木造軸組工法 1本勝負の私も、昔 10棟程度ですが2×4の新築を設計施工していました。

 

その時現場で起こったこと 体験したことを踏まえ チェック項目をツラツラと書いてみましたので参考にしてみてくださいね。

まず・・・

2×4は気密がよく暖かく地震にも強いです。

窓も輸入でしたら多分 樹脂サッシみたいなので問題ないでしょう。

 

その他 大切なところ、よかったらこんなところチェックしてみてください。

 

2×4は気密がいい反面 内部(躯体内)結露の問題があります。

もちろん対策はあるのですが完成していると見えないので。。。。。。

 

1)断熱材を入れたところの施工時の写真

2)コンセントBOXを施工したあとの写真

3)外壁の施工写真

 

ポイントは施工方法です。

 

間違った施工をしていると見えない結露の原因になりますので2×4の場合は非常に大切なところ。

 

専門的になるので、もし写真をもらえたならば送ってくださいませ。

 

それと、内外部の結露を勉強している施工会社だとこんな質問には答えられるかと思いますので聞いてみるのもいいですね。

 

1)結露計算はされてますか? または出来ますか?

 

 

即答できないようでしたら 知識がないので その会社の施工については注意が必要です。

 

耐震に関して 構造躯体は問題ないかと思います。

ただ 基礎の計算をしていない施工会社が多いので。。。。。。

 

1)基礎の構造計算はしてますか?

 

 

こちらについても質問に対して「????」という感じでしたら ちょっと心配です。

 

ただし 私達もかなり費用が違ってくるので基礎計算できますが お施主様と相談して計算するか 否かを決めていきます。

(本当は全部 基礎構造計算をしたいのですが 地盤とハザードマップを見て施主さまと合意の上 施工しております。)

 

費用の問題で 「基礎計算はしていない」施工会社が多いと思いますが 「基礎って構造計算するの?」という感じでしたら、そもそも × です。

 

基礎の構造計算をしない場合、スパン表を用い建物の荷重(重さ)や仕様決めて設計する方法があるので「基礎の構造計算」または「スパン表を用いて施工」しているのか?

 

基本的なことを「施工会社」が知らないようでしたら チョット心配です。
(基礎工事屋さんは必ず知ってます)

 

では 参考にしてくださいね。