滋賀県守山市 古民家 古民家再生しても暑いのは暑い

2018年7月22日 カテゴリー: -薪ストーバー 吉本,ブログ
Pocket

夏は自然な風で~ 風鈴を鳴らして チリンチリン・・・ あー涼しいなぁ

なんていうのは 一部の地域だけですからね(きっぱり)




たぶん 滋賀県では先駆けで古民家再生ということで施工してきました。

よく言われるのが「住まいは夏を旨とすべし」

古民家などは開放的で風が通り 夏は涼しい。


日本人だけが持つ感性 風鈴に打ち水・・・・

しかし

冬は寒く 段差があるし 暗いし 使いづらい。


そんな古民家を現代のデザインと技術で住みやすく、健康的で居心地がいい家にする。

空気環境は高低差を生かした微気候をデザイン。

まだまだ直せば使える築100年以上の古民家たち。


私たちも年に1棟程度ですが 古民家再生を手掛けてきています。


もう一度

夏は自然な風で~ 風鈴を鳴らして チリンチリン・・・ あー涼しいなぁ

なんていうのは 一部の地域だけですからね(きっぱり)




先日、10年程度前に古民家再生し色々な賞を受賞し雑誌にも載っていたお住まいに呼ばれてお伺いしてきました。
(もちろん他社さんが施工した古民家)

大きな吹き抜け 古材の梁たちが複雑に絡まる素敵な空間。

「おおーー すげーーーなぁ」

そんな絵になる古民家でしたが、古民家再生してからクーラーを設置せずに暮らしてきた。。。。ということでした。

「えっと 冬はどうしてたんですか?」

業務用の大きな石油ストーブを1台 それと足元にファンヒーターを1台 台所にもう1台 と3台フル活用とのこと。


むーーーーん


クーラー専用コンセントをみましたがこの大空間に100Vの普通のコンセント1つ。


電気屋さんに見てもらったら・・・・・

「この空間を冷房するのは無理」
「付けても電気代がスゴイですよ」

と言われてあきらめたそーで ご縁があった私たちに相談したとのこと。


いやいや 電気屋さん もっと相談してあげてよ。ホントに。


電気代より「命」が大切でしょうよっと。


LDKを見まわして ここと ここと ここを 閉じると一定の空間は確保できますから、「電気屋さんが無理って言ってもまずは200Vのコンセントへは簡単に変えられるので家庭用の一番大きなクーラーをすぐに購入して!」と住まい人にお願いしまして。

「吹き抜けでは涼しくならないって言われて・・・」

いえいえ 冷気は下に溜まるのである程度は・・・今よりは確実に涼しくなりますからっとお伝え。

お話している時間は16:30頃

その時点で室内温度は34度。

アカンやろーー

よく今まで我慢してましたね。ホント。

「では いつも頼んでいる量販電気屋さんに頼んできます」ということでしたが、量販電気屋さんはたぶん施工できないと言われそうな設置場所。


私たちがいつもお願いしている電気屋さんだと慣れておられるので、施工できますが5年間保証ができないのと、少し量販店さんよりも高くなる。


無理って言われたら遠慮なく声をかけてくださいね とお願いして帰ってきました。



危ない 危ない。


もし これをみて「うちも暑いんだけどなぁ」っと思っているようでしたら遠慮なく連絡ください。

相談費用もいただいていませんのでね。