手刻みの家 スタート

Pocket

湖南市で来月 上棟予定の手刻みの家

今日 設計士さんの立ち合いのもと 柱や梁などの材質確認でした。

柱は桧をメインに、梁は米松。

自然乾燥の木材をご希望でしたが 費用や時間の関係でKD材となります。

「割れは入って当たり前」

「それよりも強度と見栄えを!」というご指摘でしたが、検査して頂き満点とはいきませんが費用対効果はご理解いただけたことと思います。

「構造見学会をして、次は石場建てをしましょう!!」とも。

もう十年以上施工していないので是非是非!! と私たちと大工さん。

大工技術や素材選びは問題ない。

あとは建てる方がおられると実現できます。

9月の終盤 構造見学会を設計士さんと行いますので 興味ある方はどうぞお越しください。