土地の価格が10分の1に・・・・ 

Pocket

滋賀県内のとある土地。

売り出したのは6年ほど前。

しかしまったくその地域では土地が欲しいという需要がなく。


「値段下げないと難しいですよ」


と言っても


「別にいいよー」

結構余裕がある方なもので、「欲しいって方が出たら交渉しますしそのままで」というお答え。


それからまた数年。


先月隣接している同じ空き地が成約~


そこも数年間 売却できずにドンドン価格が下がってなんと、売り出したときの価格から1/10でやっと売却。

ひょぇーー


「値段は半分以下。さらに下がっている」と常々伝えてはきましたので把握はされておられおられますが。。。。



成約事例として資料を送付しておきましたが、はてさてどうなることやら・・




丁度 今 読んでいる本が コレ

マイホーム価格革命。

両親の住んでいる郊外の大きな家は欲しくない。

「負動産」になる家

売れない 貸せない 相続するとやっかい

なぜ増え続ける 賃貸アパート

相続税が0になるカラクリ

2022年 不動産市場は様変わりする

そんな事象の紹介から・・・

思い切って「中古住宅」を購入

有利な住宅ローン

家賃は生活のコスト

DIY住宅で住み倒す

大体察しはついていましたが わかりやすく書かれていました。


地域の工務店として お客さまに提案するときには、よく考えてないとイケませんね。

「忘己利他(もうこりた)」という精神で。

天台宗の開祖 延暦寺の最澄(伝教大師)さんの教えの中に、「忘己利他(もうこりた)」という教えがあります。 この言葉は、「己(おのれ)を忘れて、他を利するのは、慈悲の極みなり」ということ。
自分の、そして目先の利益だけ考えて商売してはアカンのです。