住まいづくり その前に 4

2017年5月23日 カテゴリー:ブログ,薪ストーバー 吉本
Pocket

 

マジメなブログが続いてます(笑)
前回は 建物の価格について

 

ポイントを4つ お伝えしました。
今回は 安全な予算を組むためにはどうすればいいかと言う話です。
資金計画で失敗しないコツは、家を建てることを目的としないことは先日 お伝えしました。

建物ではなく楽しい生活を送れることを、安心安全に暮らせることを目的としなければいけません。
でも、実際家づくりが始まると、自分の好きな家にしようと努力します。
まぁ 当たり前ですが(笑)

でも 建物に意識がいって、楽しく暮らすということを忘れてしまうんです。

家づくりが進めば進むほど、話が建物中心になっていきます。

それは、家を建てる業者さんもそうです。
業者側も、ほとんど建物の話しかしません。
いかに性能の良い家にするか。
いかに長持ちする家にするか。
プロは、そういうことには長けています。

しかし、新築の家だからといって夢の生活が始まるわけではありません。
ごくごく当たり前の日常生活を送ることになります。

車の買い替え 車検

それに税金 保険 教育費などなど・・・・・
その日常生活で、どういう生活が、自分にとって一番いいのか?

それは、それぞれの家庭によって、価値基準によって違います。
人生最大の買い物と言えば?

SONY DSC

SONY DSC



「家でしょ」
と、思ってるでしょうが、キャッシュで買う方は別ですが、実は住宅ローンです。
多くの方は、お金を借りて家を建てます。

例えば、金利3%で2000万円のお金を借りるとします。
そうすると、35年払いでは総額約3200万円払うことになります。
要するに、2000万円の家を3200万円で買うと言うことですよね。

でも、支払期間35年を少し短くするだけで総支払額は変わってきます。
例えば、30年ににしたとします。
そうすると、支払額が約200万円少なくなります。
総支払額は3000万円。

それから、総支払額に影響するのは金利です。
さきほど3%で計算しましたが、これが4%になると、35年だと3700万円。
先程よりもさらに500万円余分に払うことになりますね。
ちなみに、返済期間が30年でも金利4%だと3400万円になります。
今は超低金利の時代ですがそれでも 数百万円は利息で支払うことになるんです。
ですから、返済期間と金利を充分に検討してくださいね。
お金 ローン 家計など お金に関してのプロもおられますので ぜひ利用してください。