インテリアコーディネーター試験…大切なのは結果より…。

Pocket

つい今まで見て見ぬふりふりしていたことが、あだとなり大変苦戦しております…。

それは、勉強…。

しかし、とてもしんどいですが、とても楽しく感じて励んでます

今回チャレンジした資格「インテリアコーディネーター」は

約75%女性、約25%が男性らしいです

 

昔から興味があったのと、

家造りをしていて、現場管理の立場から引き渡し後は、

どのように「工事現場」→「家族の憩いのスペース」に変身するのかが、とても興味ありました

そして、住む家族のいろいろな想いもありながら

こんな風に使ってほしい、こんな家具ステキやな~とかそんなイメージして

細部にわたるまで想いを語り詰め込みたい。

そんな想いからこのチャレンジへのスタートでした。

 

家つくりをしていていちばん一番大切にしていることは

「住むということ」

ついつい力み過ぎて「家を買う」だけが目的にならないように。

 

たとえば・・・

デパートなんかの超高級ブランド高級な服もステキですが、

ユニクロも素敵だけど…

「オシャレして準備できたら、次は誰とどこへ行きたいかがとても大切…」って思えるような提案をしたい

そんな思いがあるからこその、今回のチャレンジでした

いろいろな資格はだいたい11月頃にあるのですが

ようやく合否判定が届きました 😯

1年目は1次試験「学科」を合格し、2次試験を都合で受けれず…

今年は2次試験で3時間以内で「論文とプレゼンテーション図面」のみ受けて・・・合格通知が無事に届きました

 

IMG_5006
3時間、図面と論文をノンストップで書き続ける…

メンタルの弱い私にとって最大の敵は、手汗でした。

少し足らないくらいかと感じましたが、何とかぴったり3時間。

帰りは試験会場近くのエキスポシティーへ探検に行きましたが、

頭が回転せずにあまり記憶にございません…暖かくなったらまた行ってみよう

 

3110

line
2/27(土)・28(日) 薪ストーブとハンモックのある平屋のお家見学会

201602121234