デッキと目隠しの金額を超概算で・・・

2016年7月4日 カテゴリー:ブログ,薪ストーバー 吉本
Pocket

先日 こんなご相談がありました。

 

リビングルームの窓を開けると道路から室内が丸見えになるので、1m×2m位のウッドデッキと目隠しの板を付けたい

他社さんで外構工事をさせれていた現場を一度 拝見させていただきましたお住まい。

 

人気の南向きの土地に今年新築されたんですね。

 

南向きの土地は、道路側にリビングなど配置し大きな窓を付けて明るくするのがテッパンです。

 

私たちもモチロン、そのような設計になりますしこれから新築する予定の草津のお住まいもそのよな形になっています。

 

ただ必ず設計段階で道路からの目線をどうするのか?

それにもう一つ 近隣のお住まいからの目線をどうするのか?

設計した段階で、お施主さまと相談しときには、窓の位置をずらしてみたりもします。

平面だけではなく、実際に建つ土地と周りの状況を考慮して、窓を開けたらお隣の窓とガチンコとならないよう気を付けてみてくださいね。

 

さて・・・

 

前段のお客さまからのご相談。

 

超概算で結構ですのでどの程度見ておけば良いかお教えください。
目隠しの高さは室内が見えない程度です。
無理であれば結構です。

 

はい

「道路から室内が見えなくしたい」を1メートルほどの目隠しで可能かどうか?など本当は現地で調整しないと見積もりは「無理」なんですが、無理とは言えないので、お言葉に甘えて【ちょーー概算】15万円くらいでしょうかとお答えしておきました。

 

しかし、マッタクあてにならない金額ですので(苦笑)

本当は・・・・

 

室内が丸見えが防ぎたいのであれば、実際に窓前に立ってもらい道路を歩いてみて、どのくらいの幅でどのくらいの高さの塀が必要なのか?を測量しなくてはなりません。

もしかしたら、かなり圧迫したような塀になるかもしれないので、別の解決方法もあるあったりします。

遠慮せず現地を見せてくださいねー

035