求められる土地の条件

2016年6月8日 カテゴリー:ブログ,社長
Pocket

とうとう梅雨に入ってしまいました。

アウトドア派の私としましてはもっとも嫌な季節ですが、紫陽花のしっとりとした美しさは大好きです。

今も事務所の窓から紫陽花を見ながらこのブログを書いています。

 

さて一般的に人が買う物の中で最も高価なものが土地と家ですね。

土地を購入するにあたり、重視されるのが利便性です。

駅や病院、スーパー、学校等が近いということが最も重要なことで、に立地の安全性、快適性となっています。

利便性は誰でも判断できると思いますが、安全性、快適性は何をもって判断すべきか、その基準が何なのか・・難しいことだと思います。

造成地である場合は、盛土よりも切土を選ぶほうが安全です。

また 土砂災害の危険性がないところで近くに天井側が流れていない・・

高い擁壁上の宅地ではない・・

車両の飛び込みリスクが少ない・・

以前に建物が建っていた土地ならば、土壌汚染がないか・・

・・等、これらは優良な業者であれば、契約前に重要事項説明で明らかにされます。

このような説明がなければ、ちょっと考えたほうがいいかもしれません。

ただし、優良な業者でも調べられないこともあります。

例えば・・近隣にどんな方が住まわれているか? 職業は? 性格は?

また自治会の活動も地域によって差があります。

このようなことは購入者が自ら把握する必要があります。

近所の方に「ここに住みたいと思っているのですが、教えてください」とお願いしてみるのもいいかもしれませんね。

 

伊藤