「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」 ゼッチっていうのご存知ですか?

Pocket

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、1年間の消費エネルギーより住宅でつくったエネルギーのほうが多い、または差がゼロになる住宅のコト。

2020年には、新築の住宅についてすべてこの ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)で建てるコトと国が目指しております。

 

あと4年で ホボ新築はこの建て方が基準になるんですね。

っで 昨年くらいから、皆さんへの周知・そして工務店など建築業者さんがこの基準で建てられるようにと色々と国は政策を打ち出し中。

補助金としては今年、125万円頂けるのです。

といっても、そんなに建て方自体は難しいモノではなく、私たちがいつもしていた住まいづくりだとホボほぼクリアーできそうです。

ポイントは2つあって、、、、

省エネ  

出来るだけ、エネルギーを消費しない住まいにする。

これは今までしてきたコトですね。

創エネ

使った分のエネルギーを自分ちで作る。

創エネは、ソーラー発電や太陽熱温水器それに蓄電池等などの設備機器を導入することがメインになってきます。

創エネについては、正直まだまだこれからかな~ とあまりご縁が有った皆さまにはお勧めしておりませんでしたが、もうそうは言ってられない事態になってきたわけで。

一番、てっとり早いのはなんといっても、ソーラー発電・太陽光発電です。

 

一時は太陽光バブルって言われたくらい、新規の業者さんも出てきましたが年々電気の買い取り価格が下がり、それに応じて太陽光パネルの出荷も激減してきているみたい。

 

そしてそして、パネル本体の値段が下がってきて、数年前と比べたらホント安くなってきましたね。

 

ここでは言えないくらい(苦笑)

 

もうパネル自体の価格は限界ではないかと個人的に思ったりしています。

 

次は、いかに効率の良いパネルとインバーターが開発されるのか?

 

そんな競争になってきそうです。

 

試しに一度、我が家で見積もりとってみようかな。

 

2012年のときは、3kW弱屋根に乗っけて120万くらいでしたが、たぶん7~80万円位になってるのではないかと。

 

また結果でたらご報告いたしやす。

丸松木材さんで勉強してきました、 社長 ありがとうございました、

IMG_1043IMG_1044