介護Uターン・リフォーム相談中

2016年4月28日 カテゴリー:ブログ,リフォーム
Pocket

介護Uターン・リフォーム相談中

シャーリー
 

85歳のおばあさんが一人でお住まいだった築50年の家を介護Uターン・リフォームの相談中です。

キッチンと続きの和室を洋室にして、リビングダイニングキッチンに。

仏間をおばあちゃんの部屋に。

残った応接間はどうします?

お嫁さんはどこで寝ましょう?

 

介護が必要になるのは、時期も、介護度も、家族環境も、きっかけも千差万別、人それぞれ。

リフォームもやっぱりそれぞれに応じて・・。

シャーリー2
 

介護するきっかけには3通りあります。

① お嫁に来たときから同居していて、徐々に支援・介護が必要になっていくパターン。

② 年老いて介護が必要になった親を自分たちの家に引き取るパターン。

③ 支援や介護が必要になった親のもとに介護Uターンするパターン。

 

スタッフの食いしん坊しま嬢は①パターン。

私は②パターン。

今回のご相談は③パターン。

 

介護リフォームする上で、大切だと思うことは・・

必要に応じて手すりをつけたり、段差をなくしたり・・「できるだけ沢山のことをできるだけ長く自分でできるような環境」にしてあげること。

介護する側の「自分の居場所も大切に」すること。

 

事務所まで来て下さったら、「介護あるある・・」いっぱいお話できるかもしれませんよ。

 

シャーリー  しゃーりーかおるん