マメタンを焚いてみた件

Pocket

豆炭を薪ストーブで焚いてみました。

 

↓ この子は豆次郎

帰宅すると先ずは 「まめタ~ン 💛 」と呼ぶのが我が家では儀式化しております・・・・

 

1448438191968

 

 

さて・・・

1960年代生まれの方でしたら ご存知でしょう。

 

豆炭

冬のアイテムとして 炬燵(コタツ)や布団の中に入れて暖を取ってましたね。

 

「豆炭って知ってる?」

 

「なんですか それ?」

 

先日あった大学生さんは知らなかったみたい。 ジェネレーションギャップですな。

 

はい その豆炭

 

今でもホームセンターに売っております。

でーーん

IMG_0032

 

12キロ 1000円強で絶賛販売中~

 

わが社にある ハンターストーブ・スカゲン はマルチ燃料対応の機種。

 

先日、ハンターストーブの福島さんが来られた時、「豆炭? 問題ないのでどうぞ焚いてみてください」ということでトライしてみました。

 

着火方法は 豆炭を少し置きその間に、着火剤を入れて点火。

 

 

IMG_0035

 

 

周りに火が移ってきた頃合いを見て、豆炭を継ぎ足していきます。

 

どのくらい 豆炭を入れたらいいのか? 初めてだったのでこんなところで、様子をみました。

 

 

 

IMG_0033

 

 

全体が赤くなってきましたね。

 

温度を測ると 豆炭は480~MAX度で十分に熱を出しております。

 

 

IMG_0041

 

 

炉内の耐火レンガあたりは、150~160度くらい

 

 

 

IMG_0040

 

 

その時 表面は75度から80度くらいになってきました。

 

IMG_0039

 

温度計も同じくらいですね

 

 

IMG_0038

 

これくらいをずっとキープした状態で焚いてみました。

 

見た感じは こんなのです。

 

ん 悪くはないな。

 

 

 

IMG_0037

 

今日みたいに湿気が多い日・・・・薪を焚くには室温が高くなりすぎるかなぁ~ ってなときには良いのではないでしょうか?

 

洗濯モノも乾きますしね。

 

ちなみに我が家のヨツールF3でも試してみましたが、問題なく焚けましたよ。(自己責任ですので)

 

梅雨の時期や少し肌寒い時など薪ストーブの有効活用しては、個人的にスゴクいいと思いましたが 皆さん いかがでしょ?

 

 

IMG_0036

line 3月26日(土)比叡山の森に行こう~!