不便も大事なのかも

2016年2月5日 カテゴリー:Que será será.,ブログ,リフォーム
Pocket

img160205
ちょっと、控えよう

と思った矢先に、また買ってしまった :roll:食いしん坊シマです。

さて、ワタクシ、80歳を超えた義父母と同居しております。

義父の方は膝痛持ちで、だいぶ前から歩くのが苦痛らしく、杖をついてました。

で、バリアフリーにすべき?という話もあがったんですが、とりあえず、手すりをつけることに。

出入口・風呂場・トイレにつけました。

(あっ、つけたのは何年も前の話です)

img160205_1
img160205_2
img160205_3
座り始め・立ち始めに必要かな~~、という事で。

(実際、私がギックリ腰になった時、この手すりたちに、かなり助けてもらいました 😉 )

手すりの必要性よりも、段差が気になりましたが、

「どうしてもちゅうなら段差解消スロープちゅうのがあるけど、わざと不便にしといたら、気をつけて歩くよ👀」

という貴重?なご意見も頂き、廊下など、歩くところには、まだつけていません🐧

で、先日義父をスーパーに連れて行った時のこと。

いつもは、お店の入口で車からの乗り降りをしているのですが、その時は、帰りは駐車場まで歩きました。

停まっている車たち🚗🚙に近づいた時、

「あっ、上ばっかり見て歩いてたらアカン。

下もよぉ見て歩かな、これにつまづくな~。」と。

えっ?何のこと~?

と思ったんですが、車止めの事でした📖

普段気にも留めてないモノですが、義父はちゃんと気にして歩いてるようでした。

(って、当り前か~)

なので、やっぱりまだ段差解消スロープは保留にしといていいのかなっ。