【守山市】 建築家が提案するスケルトンインフィル DIYが楽しめる家

Pocket

一家族、ひと家族で、十人十色の場所。
建築家が提案する家

一家族、ひと家族で、十人十色の場所。
その場所は、日々の流れの中で、取り巻く環境やスタイルも変化しながら、家族とともに成熟していくものだと思います。女性建築家ならではの日々を楽しく、たくましく、時に考え、工夫しながら、自分たちに合った暮らしをつくるための家。









一家族、ひと家族で、十人十色の場所。

家って、家族が生活して、ホッとできる場所。
外の世界から離れて、自分の好きなものに囲まれている場所。
親成や友達、みんなが集まる場所。
家族と向き合う場所。
一家族、ひと家族で、十人十色の場所。その場所は、日々の流れの中で、取り巻く環境やスタイルも変化しながら、家族とともに成熟していく。
日々を楽しく、たくましく、時に考え、工夫しながら、自分たちに合った暮らしをつくるための家。





延床面積
31.56坪
104.34㎡

玄関方向
西
居室数
2LDK

建物寸法/間口:4.5間(8.19m)×奥行:3.5間(6.37m)

 
1階
2階
面積情報

 1F床面積 

 52.17㎡(15.78坪) 
 

 2F床面積 

 52.17㎡(15.78坪) 
 

 延床面積 

 104.34㎡(31.56坪) 
 

 建築面積 

 52.17㎡(15.78坪) 
※このほか、広さの違う(大・中・小)プラン、玄関方向の違うプランもご用意しています。


 

 

滋賀県守山市について
日本最大の湖琵琶湖を有する滋賀県は、日本のほぼ中央に位置し、京都府・福井県・岐阜県・三重県に県境を接します。湖国滋賀は、古くから人と物とが往来し、長い歴史が刻み込まれたところです。
守山市は滋賀県の南西部に位置し、鈴鹿山系から流れ出る野洲川が琵琶湖に注ぐ扇状地の南側に位置する市であります。
守山」とは、琵琶湖の対岸に位置する御山(比叡山)を守る寺であった東門院に由来するという説がある。 縄文時代から弥生時代の古代遺跡が多くあり、特に弥生期の巨大集落跡は、クニの初めを知る貴重な遺跡として注目されている。壬申の乱以降東西交通の要衝として、野洲川が度々戦場となりました。
室町時代には一向宗門徒の近江国における拠点ともなり、また足利義昭の矢島御所(守山市矢島町)も設けられました。江戸時代は、中山道を代表する宿場町の一つとして栄え、近年京都・大阪のベッドタウンとして高い人口増加率を保持しています。
-Wikipedia守山市より引用-