湖南市 宮大工と建てる伝統工法の家

宮大工と京町屋の専門家と建てた 50年間メンテナンスが掛からない伝統工法の家になります。

2~30年後には整備及び取替が発生するであろう、電気・水・排水系統は壁などに埋め込まず露出で施工。
もちろん 普段は見えないように工夫して。

一番過酷な外部環境にさらされる、屋根には空気を遮断し「むし焼き」・燻化工程で作った「いぶし瓦」を。
壁には「漆喰」に雨がかりで取替が必用な場所は、一枚一枚 素焼した焼杉で、表面に炭が浮き出て甲羅上になっているモノを採用。
焼いて表面を炭化させることによって板の劣化を遅らせようとして考えられた、昔からある本来の焼杉です。

そんな京町屋の手法と、滋賀の宮大工で建てた木の家ですが30台のサラリーマンが建てられるように2300万以下で施工いたしました。