出雲そば 飛庵・居酒屋 飛【大阪市】

[gallery link="file" columns="9" ids="6088,6089,6090,6091,6092"]

そこには、時間を気にしてかき込むだけのサラリーマンもいなくて、少しゆっくり店内を見渡せる。
暖簾に描かれた墨の一筆、布を使った柔らかな間接照明。ほのかに匂う木の香に惹かれて、そっとカウンターに手を伸ばせば、心地よい木の感触。居心地のよさは懐かしさ。
奇をてらわず、素直に「おいしい」と思えるものだけにこだわった出雲そばのお店は、大阪駅前のビルに完成です。
日本人のそばにはいつもすくっと伸びた竹の風景があります。
竹を使った間接照明には、神秘さの中に郷愁が漂います。
床に杉板を貼った小上がりは、木の香。
日本酒がすすみます。
人々が行きかうビルの中も暖簾をくぐれば異次元空間。
いつ来てもあたたかく、心からなごめる場所。