湖南市 宮大工と建てる伝統工法の家


宮大工と京町屋の専門家と建てた 50年間メンテナンスが掛からない伝統工法の家になります。

2~30年後には整備及び取替が発生するであろう、電気・水・排水系統は壁などに埋め込まず露出で施工。
もちろん 普段は見えないように工夫して。

一番過酷な外部環境にさらされる、屋根には空気を遮断し「むし焼き」・燻化工程で作った「いぶし瓦」を。
壁には「漆喰」に雨がかりで取替が必用な場所は、一枚一枚 素焼した焼杉で、表面に炭が浮き出て甲羅上になっているモノを採用。
焼いて表面を炭化させることによって板の劣化を遅らせようとして考えられた、昔からある本来の焼杉です。

そんな京町屋の手法と、滋賀の宮大工で建てた木の家ですが30台のサラリーマンが建てられるように2300万以下で施工いたしました。


関連施工事例

  1. 女性一人住まいの家【大津市:O様邸】

    当初は予算の関係から新築は無理と思われていたそうです。長い間、中古の住まいを探しておられました。中古マンションか中古住宅か・・・ そんなとき僕たちとOさんは知り合いました。小さな土地に建てる女性一人住まいの家。計画したのは土地の大きさ12坪の狭小地。

  2. 梁の見える家【F様邸】

    F様のご希望は「木の香のする、ほっとする家」。小さい二人の男のお子さんがいらっしゃるご家庭は、社交性豊かなアウトドア派。「滋賀県の木で家を建てたい」と考えられたF様ご家族は、木が伐採されるところを見に行かれました。

  3. 西洋アンティークの家【T様邸】

    時をかけて集めてこられたアンティーク。時をかけて育んでこられた家への思い。置物ひとつ、家具ひとつの置き場所にも、またそれらが生き生きとする壁紙 やライトや内装にも、一つ一つにこだわりを持ち、繰り返し打ち合わせを重ねながら夢が形へと変わっていきました。

  4. カントリードールのある家【I様邸】

    カントリードールを趣味とし、ドール作りの講師もしておられる夫人の理想は、アメリカンカントリーを意識した明るくて開放的なデザイン性の高い家。です が、旧家も多い土地柄、家に関する縁起や習わしなども反映しなければなりません。お施主様と設計士、そしてベストハウスでコミュニケーションしながら、 じっくりと考え、作りこんでいきました。

  5. ビーだまの家【M様邸】

    家族っていいものですね。玄関土間には家族全員のmemorial手形とちりばめたビーだま。

  6. 癒されるのは創られた色でなく、自然の色【M様邸】

    家づくりはモノ選び。たくさんのパーツをひとつひとつ選んでいくことで、「A house only for my family」私たち家族だけの家が出来上がっていきます。木と色にこだわって ひとつひとつを選ばれたシンプルで優しい家の完成です。

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る