湖南市 宮大工と建てる伝統工法の家


宮大工と京町屋の専門家と建てた 50年間メンテナンスが掛からない伝統工法の家になります。

2~30年後には整備及び取替が発生するであろう、電気・水・排水系統は壁などに埋め込まず露出で施工。
もちろん 普段は見えないように工夫して。

一番過酷な外部環境にさらされる、屋根には空気を遮断し「むし焼き」・燻化工程で作った「いぶし瓦」を。
壁には「漆喰」に雨がかりで取替が必用な場所は、一枚一枚 素焼した焼杉で、表面に炭が浮き出て甲羅上になっているモノを採用。
焼いて表面を炭化させることによって板の劣化を遅らせようとして考えられた、昔からある本来の焼杉です。

そんな京町屋の手法と、滋賀の宮大工で建てた木の家ですが30台のサラリーマンが建てられるように2300万以下で施工いたしました。


関連施工事例

  1. 大きな地松の梁がみえるロフトのある家【H様邸】

    逆転の発想からはじまるステキなリビング。駅まで徒歩圏内、40坪の土地に家族4人が住まう家を建てました。窓を開ければ、隣の家の窓・・・、という環境で、1階にリビングを持ってくると、光や広さ・動線などに制約がでます。そこで 今回は2階にリビングを持ってくることにしました。

  2. 草津市 ペレットストーブとサンルームの家

    草津市 ペレットストーブとサンルームのある家【草津市 Tさま】

  3. ラブリーなキッチンの家

    心までふんわりあったかくなるようなキッチンです。鮮やかな彩りで盛り付けしたワンプレートランチ、テーブルには黄色の花が似合いそう。

  4. ビーだまの家【M様邸】

    家族っていいものですね。玄関土間には家族全員のmemorial手形とちりばめたビーだま。

  5. 草屋根のあるCozyな家【Y様邸】

    「屋根に登ってびわ湖を見たい!」こんな夢のような草屋根の家が完成しました。天窓から屋上に上がれ、四季折々のびわ湖や比良山の景色が堪能できます。又、トイレも、生ゴミも一緒に処理し堆肥として土に戻すコンポストトイレを採用。内部も"木と紙の空間づくり"を実現しました。県内初めての草屋根の家です。

  6. 比良山の見える家【N様邸】

    私たちの家作りは、ご家族の話を聞くことから始まります。比良山系を望む絶好のロケーションにほれ込んだお施主さまご夫婦のご希望は『シンプルな暮らし』でした。 四角形の箱を組み合わせたような家の形と、収納と人の動線を考えあわせた間取りは、一見すっきりとした印象。

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る