,

民泊ができる? 農機具小屋をリノベ【栗東市】


 



滋賀県 栗東市にある農機具小屋

 

建った時期は不明ですが蔵が2つが合体していた古い倉庫。

戦時中は2家族がこの蔵と農機具小屋にお住まいされていたそうです。

「この家には蔵が3つある」

これが自慢だったと90歳を超えたおじいちゃんがお話しされていました。

建て直して新しい鉄骨の倉庫にしようか・・・

それともこの古い民家のような倉庫を回収して再利用するのか?

長い時間話し合ってきました。

 

 

ここが不便

あそこが作業の邪魔。

薄汚れて雨漏りも・・

 

新築に傾いていたのですが、法律の問題や広さ・そして景観なども考慮し農機具小屋のリノベを行うことに。

1階の土間は、目の前の田んぼからお米を入れ易いように。

2階は趣味のお部屋に。

 

そんなプランで出来上がりました。

外から見ると古民家のようです。

耐震も考えたプラン。

なんだか泊りに行きたくなるような2階の空間も。

大きな絵を飾り、趣味の手仕事もされるそうです。

これからも末永くお使いくださいね。

関連施工事例

  1. 古民家再生【O様邸】

    「解体して、建て直したほうがいい」と言われていた時、僕達と知り合いました。「もったいない・・・」現地調査をしたとき、思わず出た僕たちの言葉。こんな出逢いから古民家再生が始まりました。

  2. 築150年以上の古民家再生~旧東海道に面した住まい~【K様邸】

  3. ギャラリーのある土間【U様邸】

    その昔、おじいちゃんが近くの山の木で建築した民家。手間賃が安く、材料が高い時代に建てた住まいを、手間賃が高い時代に改修する。時代によって、価値観も住まい感も違います。100年近くを生きた家も、設備を見直すだけでずっと住みよい家に変わります。新しくても落ち着く家。古民家を生き生きした家に変えるのが、古民家再生。

  4. サーファー消防士さんのセルフビルドハウス【草津市:K様邸】

    「良質な中古の木造住宅を買ってリノベーションする」という選択肢。予算を抑えるために「セルフビルド=自分たちで改修する」という手段もあります。

  5. 古民家再生【T様邸】

    ほんとうのリユースとは、単にものを大切に、ときには我慢しながら使い続けることではありません。時代の空気にあった新しい商品価値を再生しながらつきあっていくことです。そこには生活のしやすさがあり、趣味があり、好みがある。そしてより長く使い続けるために次の世代への配慮があります。

  6. 古民家再生【八日市市:F様邸】

    築100年近く。おくどさんのある土間をキッチンに変えたり、ダイニングやリビングを暖かくしたりお風呂を作ったり・・・住みよくする為の改装は何度かしておられました。今までに加えられたリフォームの部分をはがして、ありのままの姿が出てきたときに、一番喜んだのは、この太い柱や梁たちだったかもしれません。

CONTACT










BEST HOUSE LINE@はじめました
お友だちになるとお得な情報いっぱい!

友だち追加

ページ上部へ戻る